みどぽんのテレマーク

2006年5月・月山石跳沢ツアー


GWの実質的な初日である4月29日は、残念ながらこの数年間は勤務日のため、なかなかテレ仲間と一緒に滑ることはできない状態です。

しかし今年は、5月2日に代休を取得することができたので、GW後半の遭遇を楽しみに、まずは足慣らしのため、月山の石跳沢を滑ることとしました。

姥沢で同居人と運転を代わり、下山地点のネイチャーセンター近くの月山荘前の駐車場に車をまわしてもらい待ってもらうこととしました。

姥沢からはリフトで姥が岳の下まで上がり、シールを着装し、山頂まで息を切らせて登ります。

ちなみに、今回の道具はクリスピのCXTとアルペン用テレ板というともに同居人のお下がりのものです。

さすがに連休の間の平日のせいか、午前10時過ぎでもリフト待ちはありませんでした。
リフト降り場からの姥が岳 姥が岳山頂から見た月山山頂
姥が岳山直下のブッシュの様子 装束場から姥が岳西斜面

姥の山頂から湯殿山方面へ下る西斜面を眺めると、ブッシュを避けながらテレマークターンで滑っている3人が確認でき、どうやらこれから私が向かうルートと同じようでした。

姥の山頂付近はブッシュがでていますので、金姥方面に少し回りこみ、ブッシュを避けながら姥の山頂直下へ下りていくことになります。

ブッシュがなくなると、姥が岳と湯殿山とのコルである、装束場と呼ばれているところまで、一気に滑り降ります。斜度、雪質もちょうどよく気持ちよい滑りができました。

装束場まで降りると、先行していた3人のテレマーカーと大人数の山スキーヤー?らしきグループが休憩中でした。

装束場からは、意外と日本ばなれした雄大な周囲の風景を楽しめました。
装束場からの石跳沢 湯殿山東斜面
石跳沢中間部
(左に湯殿山・右に姥が岳)
石跳沢下部
(ネイチャーセンター手前)

装束場からは石跳沢を一気に滑り降りましたが、軽い洗濯板状の雪面に注意しながら滑りました。

石跳沢を下るにつれ、斜度が緩み、特に林間のブナ林のコースに入ると、ブナの実(殻)が沢山散らばっており、スキーが滑らなくなりました。

途中で休憩していると、装束場で休憩していたヘルメットを被ったT2の靴を履いた女性テレマーカーを含む3名のテレマーカーが追い越していきました。

沢の音が聞こえ、流れが見えるころ、ネイチャーセンターへ到着となります。(ちなみに車はここまで回せることが分かりました)

ツアー初級者の私でも単独で楽しめるツアーでした。



トップへ戻る