みどぽんのテレマーク

2005年5月燧ケ岳テレマークスキーツアー


5月14日に尾瀬の燧ケ岳へテレマークスキーツアーに行ってきました。

この時期は、リンク先のテレ仲間が、板納めと称したツアーを企画してくれます。
昨年同様の前日の飲み会による睡眠不足に加え、風邪気味で体調不良でしたが、大勢の仲間と滑れる大変楽しい企画ですので、今年も参加しました。

今回の道具は、ひも革靴にうろこ板を選択、登りは快適でしたが、降りは、みどぽんの脚前では満足に滑れませんでした。

午前10時前ごろに御池駐車場に着いたころ、テレ仲間が出発するところでしたので、皆さんに挨拶をし、10時15分に一人遅れて出発しました。
駐車場からは、雪の階段を上がり、磁石でセットした方向へ進みます。(過去にルートミスをして広沢田代へ着くまでに時間をロスしたことがあるため)

広沢田代への最初の登りを終えるころ、テレ仲間のグループに追いつき、そこからは行動をともにしました。(10時40分ぐらい)
雪の階段を登り出発
広沢田代を歩く
熊沢田代から上越方面の山々 昼食風景
広沢田代はこの時期、一部木道が見えていますが、さすがに今年は雪が多く、一面の雪でした。熊沢田代への登りもこれまでの経験から、右側から回り込むと比較的に登れました。
ここから頂上までは、ザックに付けた板を外し、うろこ板での登りとなりました。

熊沢田代からは、山頂が目の前に見えますが、これからがつらい登りとなるため、登る前に昼食を取りました。(12時30分ぐらい)

山頂への最後の登りは、いつもながら辛いところですが、みなさん、シール登行、つぼ足(かつぎ)、うろこ板登行(みどぽん)とそれぞれの姿でもくもくと登りました。
快適な山頂直下の斜面
柴安ーの急斜面
至仏山と尾瀬ヶ原 尾瀬沼
今回は、比較的ゆっくりのペースで 山頂付近に到着、一同俎ー山頂に上がって、尾瀬沼、尾瀬ヶ原、至仏山、柴安ーの風景を楽しみました。(14時から15時ぐらい)

山頂からは、途中途中、ビデオ撮りをしながら、駐車場へ戻りました。(16時すぎぐらい)
降りは、山頂から左よりに滑り、熊沢田代へはやや右寄りに滑るとルート取りが楽でした。

途中、数回、つぼ足で登ってきた急斜面を降りますが、十分雪が着いており、みなさんは安定して滑り降りていましたが、山頂直下で十分に転んでいるみどぽんは、慎重を期して斜滑降とキックターンで降りました。

出発してから、約6時間とこれまでで一番長いツアーでしたが、テレ仲間と楽しい時間を過ごせたとともに、また、道具についても、前年、前々年と比較できた有意義なツアーでした。
俎ー山頂のみなさん


トップへ戻る