みどぽんのテレマーク

2005年4月西大顛テレマークスキーツアー


4月の第4週目の土曜日に吾妻山の西大顛へテレマークスキーツアーに行ってきました。
本来は、冬期閉鎖が解除になった有料道路を利用して、浄土平お手軽ツアーを考えていましたが、降雪で通行止めとなったため、予定を変更して、ツアー初心者?のみどぽんのコンパス練習をすることとしました。

ベースのグランデコスキー場の受付で登山届を提出後、第3リフト降り場に午前10時30分に到着。既に山スキーの男性2人が準備中でした。挨拶をして話をすると、やはり西大顛山頂往復とのこと。先行者がいないようなので、重い深雪にラッセルが大変かなどと話をしました。その後、3人組の男女の山スキーのグループも来て、準備を始めました。

ゴンドラ乗り場へ向かう
木々の向こうは1940m小ピーク
山頂の三角点 かなたに見えるスキー場駐車場
リフト終点からは、樹林帯の中をコンパスをたよりにひたすら登ります。
予想どおり重い雪で、スキーの先端がなかなか上がらず、ラッセル初心者のみどぽんは苦労しました。

今回はラッセルの練習も兼ねて、極力別ルートを取りましたが、ときどき一緒になる男性2人組と自然にラッセルを交代しながら進みました。登りにくいルート取りをするみどぽんとは違い、男性2人組のルートどりは上手で、大変参考になりました。

樹林帯からでると、吹雪とはいかないまでも、風は強く、視界も悪くコンパスの練習には最適な条件でした。

1940mの小ピークへの登りは、男性2人組が尾根筋を上手に登ったのを参考にしました。(帰りの小ピ−クの下りの時に、男女3人組が登って来ましたが、違うルートどりで苦労していました。)
閉鎖中の上部ゲレンデを滑る
小ピークから先は、視界はほとんどない状態で山頂到着となりました。
山頂には、既に別ルートできたボーダーが1人いて、東斜面を滑り登り返していました。

山頂付近は風が強く展望も楽しめないので、昼食をとったあとすぐに、登ってきたルートを引き返しました。

途中からは、少しでも滑りやすいルートを取ったためか、高度計をみると、出発点のリフト降り場より下ってしまったため、ゴンドラ降り場上部のゲレンデにトラバース気味にでて、リフトが運行していないため、誰もいないゲレンデの滑りを楽しみました。

今回は、湿った重い深雪に加え、不慣れなラッセルや頻繁なルート確認により、駐車場を出発してから再び戻るまで4時間を要してしまい、車の中で待っていた同居人に少々心配をかけてしまいました。



トップへ戻る