みどぽんのテレマーク

2004年1月雪崩講習会


福島市のテレマーククラブの主宰する雪崩講習会に参加しました。
みどぽんは本格的ツアーの経験はないのですが、今後に備えて参加しました。

場所は裏磐梯の国民休暇村周辺で、そりに観察道具や昼食となる焼肉などの食料を積んで観察場所まで、ウロコ板、シール等各自のスキーで移動しました。

まずは小高い丘を登り、観察場所へ移動し、積雪の断面の観察です。
積雪の断面に色をつけると、積雪の異なる層がよく見えました。
また、雪崩の起き易い気象条件の解説を受け、層ごとの断面の結晶をルーペで観察し、雪崩の起き易いものとそうでないものの違いを学びました。

次に、スキーを履いた人間が斜面でジャンプし雪面に力をかけると、層が異なるところでずれが生じますので、同様にそこが結合の弱いところであるのをルーペで確認しました。

午前中の最後は、弱層試験のハンドテストを行い、どのくらいの力でずれ落ちたかとその断面の観察をしました。。
ルーペ確認
ずれの発生
弱層試験(ハンドテスト)

お昼は平らなところまで下り、雪でテーブルを作り、ビールで乾杯し、焼肉宴会となりました。
当日は天気もよく、お腹もいっぱいで気持ちが良かったのですが、さすがに午後の講習のこともあってか大酒をした方はいないようでした。

午後の最初は、ビーコンの使い方を学んだあと、2人1組となって、雪中で発信状態のビーコンを受信状態のビーコンを操作しながら、いかに早くみつけるかの訓練をうけました。

次は斜面を皆で崩し雪崩直後の状態を作り、実際に受講者の1人を埋めて、数人の受講者が一組となりスキーツアーの最中に雪崩現場に遭遇し、他の受講者が遭難者の同行者という想定で訓練を行いました。訓練は状況を確認しながら、ゾンデ、スコップをザックから取り出し、ビーコンを受信状態にして実際に埋没者を捜索・救出する手順で行いました。
ちなみに今回の埋没者のうち1人は自ら志願した若い女性で、そのやる気に感心しました。
楽しい焼肉宴会 ビーコンで探索 ゾンデで埋没者の探索


埋没志願者の女性(中央) 埋没者の掘り出し(ツェルトをかけて) 最後に安全な場所へ移動
今回の講習で感じたのは、探索に夢中になると周囲の観察(二次遭難等)がおろそかになったり、ビーコンやゾンデでの探索に慎重になり、スコップで掘り起こしを開始するまで時間がかかりすぎるなどの失敗をしてしまいがちなことでした。

講師によると、最低3回は同様の実地訓練を行って欲しいとのことでした。

個人的には、スコップで埋没者を掘り出すのにへとへとになってしまい、大変な労力の必要を実感しました。

ちなみに今回は雪の中の時間が長いことから、同居人のプラ靴とやや太目の板にシールで参加しましたが、プラ靴は水がしみることなく快適で、また短い板のため取り回しも快適でした。(深雪のためモヘアのシールは使いかってがよく、下りはひっかかりが少なく快適に感じました)


トップへ戻る