みどぽんのテレマーク

2017年3月・西吾妻山ツアー(二十日平コース


西大巓・西吾妻山を周回する二十日平コースには、過去数回行ってます。が、3月下旬に行くのは初めてで、前日までの降雪もあり、また、まずまずの天候に恵まれたツアーでした。

午前9時に、グランデコスキー場の第4QLトップから出発。先行するスキーヤーの姿はなく、スノーシューやワカンのグループの後を追うような形で出発しました。

麓ではあった風も樹林帯ではなく、到着した西大巓山頂は薄っすらとガスがかかっている程度でした。

スキー板のシールを外している間に、東斜面のガスもとれたことから、ノートラックの斜面に私が最初に飛び込み、同行者二人が続きました。パウダーですが雪は固めで慎重にターンして、滑降終了後、西吾妻山との鞍部に重い雪のラッセルに苦しみながら登り返しました。

鞍部からは、復活した樹氷群のなかを小屋へ向けて進み、12時少し前に到着。この時期としては、初めて2階の出入り口から梯子を使わず直接出入りができるという雪の多さでした。
          
スタート
東斜面
第4QLトップから樹林帯へ
西大巓東斜面を滑降
樹氷群
小屋
復活した樹氷群の中を進む 1階部分が埋もれた西吾妻小屋
西吾妻山
滑降
西吾妻山から眺めた安達太良連峰全景
西吾妻山からは尾根沿いに滑降
二段ブナ林
徒渉
ブナを中心とした広葉樹林の2段に渡る滑降斜面
中ノ沢を渡渉

スノーシューやワカンのグループは西吾妻山山頂へと先行したことから、まだ誰も来ていない小屋の2階で昼食休憩。その後は、12時半少し前に小屋を出て、西吾妻山山頂部へ登行。樹氷が極小化したせいか、いつもより緩やかな登りで、山頂部へ至りました。

西吾妻山の山頂部からは、特に安達太良連峰の眺めを楽しむことができました。

山頂部からは忠実に南西尾根を下降し二十日平へ向かいました。針葉樹林帯もまだそれほど重い雪ではありませんでした。

ただ、その先の、このコース中唯一と言える、ブナを中心とした広葉樹林の2段に渡る滑降斜面は残念ながら、かなり雪が固く、スピードが出て板を回すのに力を使いました。

その先も固い雪のため、スキーが滑りすぎて、私の技術ではスピードを殺すのに、太腿がパンパンとなり、同行者に遅れながら、休み休みで二十日平を経て、忠実に尾根へ。尾根の末端手前から、中ノ沢の徒渉地点へ下降。

下降地点がいつもより下だったため、滑り降りることはできず、横滑りで急斜面を下りた後、林道を殆ど歩くことなく午後2時半にゲレンデへ合流しツアーは無事終了となりました。



トップへ戻る