みどぽんのテレマーク

2016年1月・西大巓ツアー


久し振りに土日の両日時間がとれたので、日曜日も裏磐梯へ向かい、グランデコスキー場から西大巓にスキーツアーに行ってきました。(福島&宮城のテレマーカー2名、栃木&茨城&福島のATスキーヤー3名)

まずは、ようやく動いた第4QL終点から夏道合流のルートへ。出発時は青空も見え、樹林帯も穏やかでした。

C1940のニセピークのトラバース路から開けた斜面に出たあたりから、ガスで視界が悪くなり、到着した山頂も同様の状況でした。

山頂には、スキーヤーやボーダーが、かなりの数で先着しており、殆どの方が視界の悪い東斜面に滑り降りて行きました。

我々は、昨シーズン、夏道の白布峠へのコースである西尾根を滑った仲間からの情報により、西尾根滑降を選択。
          
青空
山頂
第4QL終点付近は青空も見えたが・・・
先行者が多い西大巓山頂
下り始め
快適な斜面
山頂西斜面直下は樹氷群
樹氷群を耐えるとその下は快適な斜面が続く
百貫清水
デコ平湿原
冬でも水の湧いている百貫清水
デコ平湿原を横断

まずは、山頂脇に立つコースを示す道標から西尾根に下りました。しばらくは樹氷化したオオシラビソの密林の中を慎重に進むと、やがて中斜面を主体とした樹間がほどほどの快適な斜面が続くようになり、パウダーの滑降を楽しむことができました。

このまま、西尾根を下ってしまうと白布峠へ向かい、スキー場や駐車場に戻れなくなるため、C1700ぐらいから、通称ブナ落ち斜面へトラバースで向かうことを試みました。が、ATスキーの仲間にはシール装着が必要な状況になったため、復帰はあきらめ、百貫清水へ下りました。

百貫清水からは、デコ平遊歩道に沿って、ゲレンデに戻りました。が、まだまだ沢は埋まっておらず、遊歩道ゆえの木橋のおかげで、いくつかの沢を渡ることができました。

私にとって、初めての西斜面は、樹氷帯を過ぎると快適な斜面がそこそこ長く続くため、適度な箇所まで滑った後はシール装着をいとわずに、ブナ落ち斜面へ向かえば、さらに滑りの満足度は高まるものと思われ、次回の課題ができました。



トップへ戻る