みどぽんのテレマーク

2015年3月・雄国沼ツアー(猫魔〜ラビスパ磐梯温泉)


今シーズン2度目の猫魔〜雄国沼〜雄国山〜ラビスパ裏磐梯温泉のコースに行ってきました。

当初、初めてとなる冬季の車中泊の体験を兼ねてのツアーの予定でしたが、予定を変更し、テレマーク初ツアーの方のために、私自身の初ツアーであったこのコースを選びました。

下山口のラビスパ裏磐梯温泉駐車場にデポ車を配置後、猫魔スキー場に向かい、リフトで出発地点へ。

最初の目標の雄国沼畔の水神様へは、パックされた固い雪にスキーが曲がらず苦労しながらも迷うことなく到着。集合写真撮影後、氷結した沼上を進み、雄国沼休憩舎へ向かいました。

前回同様、本日も、我々が一番乗りのようで、小屋の中で軽食を食べて小休憩後に、雄国山への稜線へシール登行。風が多少ある程度のため汗をかくこともなく快適に雄国山頂へと至りました。
          
雄国沼と外輪山へ向かって滑降
猫魔から雄国沼への斜面
雄国沼と外輪山へ向かって滑降
猫魔から雄国沼への斜面
水神様へ
氷結した雄国沼
雄国沼畔の水神様前で
まだ氷結中の雄国沼上を進む
休憩舎
雄国山稜線から雄国沼の眺め
雄国沼休憩舎前で
雄国山への稜線から雄国沼の眺め
ラビスパへの道標
熊落とし斜面はズタズタ
雪に埋もれたラビスパへの道標
ズタズタの急斜面を滑ってゴールへ

山頂で、シールをはがしたあと、尾根を水平移動し、緩斜面を滑降。雪は気温の上昇により、湿った重い雪で、ストップ雪寸前といった感じでした。

毎回、微妙に滑降ルートは異なっていますが、順調に鞍部の休憩ポイントに到着。
時間は12時半といつもより遅めですが、今シーズンからテレマークスキーを始めての初ツアーの方もいることを考慮すると、十分早い時間でした。

休憩後にC1102ピークをめざし、緩やかにシール登行。忠実に尾根を進み、C1102ピークでシールを外し、ラビスパ上部のすり鉢状の急斜面の上部へ移動。

ノートラックの斜面を滑降と思いきや、先行したスノーシューのグループがジグザクに降りた跡だらけでした。相変わらずザクザクとした重く湿った雪質でしたが、斜度があるため、意外と快適にほぼ底まで滑りを楽しむことができました。

約5時間行動時間でツアーを終えることができたため、下山後もゆっくりとラビスパ裏磐梯温泉で入浴をすることができました。



トップへ戻る