みどぽんのテレマーク

2010年1月・イエローフォールミニツアー(福島裏磐梯)


今週は土日が休みでツアーに行きたかったのですが、テレマーク仲間の動向が分からなかったため、天候の悪い土曜日の単独ツアーは中止し、天候が回復した日曜日に3年ぶりのクロカンテレマークの練習を兼ねてイエローフォールの様子を見に行ってきました。

午前10時に裏磐梯スキー場に到着。
暖かな陽気の中、まずは3年ぶりのクロカンテレマークの練習です。(いつもながら単独なので、滑降中の画像がありません)

道具はストックの太さの2倍ほどの幅のノーエッジクロカンウロコ板(長さ2m)です。

最初は、ウロコでゲレンデを登っては滑りを恐る恐る繰り返しました。

勘が戻ってからは、リフトに乗り緩斜面、中斜面と序徐に斜度を上げ、テレマークターンで滑って行きます。

約1時間の滑りのあとは、リフトトップから銅(あか)沼を経てイエローフォールへ向かいました。

          
踝までのビニールの靴
ノーエッジクロカンウロコ板
スノーシューの足跡だらけの銅(あか)沼 磐梯山噴火口跡

本日もかなりのツアー客がイエローフォールへ向かったようで、銅沼上はゲレンデのように足跡で踏み固められた状態でした。(9割以上がスノーシュー、スキーの方もウロコ付きネイチャースキーであり、ノーエッジクロカン板は私のみのようでした)

磐梯山噴火口跡の雰囲気を楽しみながら進むと、あっと言う間にイエローフォールへ到着となります。

数日前の地方紙の表紙を飾っていたときの状態と大きく変わらず、まだまだの状態でした。

ゲレンデトップからの往復で1時間とかなり快調なペースのため、これに気をよくして、ゲレンデに戻ってから、再度、中斜面でクロカンテレーマークに励んでいました。

ところが、いきなり整地された斜面で転倒し、金具から靴先が離れそうになるくらい足が曲がったと思ったと同時に、右ひざに「グキッ」という感じが...

本日はこれで終了となり、右足を引きずりながら、帰宅となりました。(途中からは同居人運転)

3年前には荒れた斜面で左ひざをやっています。
クロカンでひざをやっている話はあまり聞かないので、自己流クロカンテレマーク(ターン)に問題があるのかもしれません。



トップへ戻る